居宅介護支援事業所しらゆりケアの特徴

当事業所のケアマネージャーは訪問看護師出身の看護師のケアマネージャーです。
住み慣れたご自宅で、ご家族も安心して生活できるように、最適なケアプランをご提案させていただきます。
訪問看護ステーションしらゆりケアに併設していますので、早期からの医療予防的処置を
視野に入れ、看護師が在宅での生活をお手伝いさせていただきます。
どのような事でもお気軽にご相談ください。

サービスの種類

居宅介護支援事業所

ケアマネージャーがご利用者様のケアプランの作成をお手伝いさせていただきます。


訪問介護

介護職員が日常生活の支援、身体的な介護(オムツ交換等)を行います。


訪問看護

訪問看護師が主治医の指示の下、医療処置(点滴など)や必要なケア、リハビリ、服薬管理等を行います。


訪問入浴

介護職員と看護師がご自宅にお伺いし、専用の浴室を組み立てて入浴できるサービスです。


デイサービス

日中、デイサービスの施設にて食事、リハビリ、入浴等ができます。


通所リハ

理学療法士や作業療法士の指導の下、施設にてリハビリを行います。


福祉用具貸与

ご自宅で必要な福祉用具を借りる事ができます。一部介護保険適用できない用具もあります。


ショートステイ

一定期間、施設入所にてご家族の介護負担の軽減をはかれます。日常生活支援、リハビリ等を受ける事ができます。


自費サービス

介護保険外のサービスの事です。しらゆりケアでも承っておりますので何でもご相談ください。

介護保険制度概要
(申請~サービス利用までの流れ)

①申請はどのようにすればよい?

申請用紙にて申請をします

申請用紙:市役所・地区市民センター・市役所のHPからダウンロード・病院・在宅介護支援センター等にあります。
主治医:内科医に介護保険の主治医をお願いしたいと伝えます。(かかりつけ医)


②認定調査を受けます

調査日の決定/訪問調査

調査員から連絡が来ます。申請から調査まで1ヶ月~1ヵ月半かかります。
訪問時は30分~1時間程度、普段の生活のありのままを見てもらいます。

*状態によって変わる場合は補足をします。
 調査員は手間や時間を見ています。
 本人の前で言いにくいことはメモ等で伝えます。


③介護認定

介護認定

認定調査より約1ヵ月後、介護保険証に介護度が記載され郵送されます。
有効期限は新規の場合は6ヶ月。
再審の申し立ても可能。
介護度により受けられる金額が決まります。


区分 状態 区分支給限度額(月額)
要支援1 日常生活ほぼ自立 予防目的 5003単位
要支援2 日常生活に少し援助必要 手すり 10473単位
要介護1 杖歩行 16692単位
要介護2 排泄・入浴に部分的な介助がいる 19616単位
要介護3 歩行・入浴に全面的な介助がいる 26931単位
要介護4 日常生活全般に介助がいる 30806単位
要介護5 寝たきり状態 36065単位

*四日市市は1単位10.42円


④ケアマネージャー(ケアマネ)を選ぶ

ケアマネージャーとは?

介護支援専門員、通称ケアマネージャー(ケアマネ)は介護保険制度においてケアマネジメントを実施する有資格者のこと。
要支援・要介護認定を受けた人からの相談を受け、介護サービスの給付計画(ケアプラン)を作成し、他の介護サービス
事業者との連絡、調整等を取りまとめを行います。

ケアマネージャーのリスト:市町村の窓口に置いてあります。認定通知とともに送られてきます。

*まずはお付き合いしてみなければわかりません。
 親身になって相談してくれるか?知識や情報は豊富に持っているか?迅速に行動してくれるか?
 変更はいつでも可能です。


⑤契約

ケアマネージャーの所属する事業所と契約する

・ケアプランの作成
・サービス担当者会議の実施(サービスを提供する事業者との打ち合わせ)
・各サービス事業者との契約


実例よりご紹介


【80代男性(妻・息子と同居)】

3年前に脳梗塞にて入院
軽度の右麻痺が残るものの、在宅療養を強くご希望される。
徐々に下肢筋力の低下が目立ちトイレも介助無しでは不可。
息子は仕事のため、主介護者は高齢の妻。
介護保険サービスはデイサービスを利用。

【問題点】

主介護者が高齢の妻であり、老老介護である。
息子が日中の状態を把握できていない。
デイサービスは妻の介護軽減にはなっているが、ご本人の
日中の容態を専門家(医師・看護師)が見られていない。
福祉用品をきちんと使えておらず、ますます日常動作
低下につながっている。

arrow

【私たち訪問看護が入る事により】

専門家の立場から、福祉用具の使用方法をご指導させていただき、
リハビリにより今までは座る事すら困難であったが、座って食事が
できるまでに回復した。

最初は週に1回だけの訪問であったが、ご利用者様の容態を考え
週2回の訪問に切り替え、24h体制で緊急連絡を受け、主治医の
先生との連携で往診も含めた看護体制をとった。

食事時に誤嚥による肺炎が懸念されたため、食事をとろみがついた
医療食に切り替え、作り方や食べ方のご指導をさせていただいた。
その結果食欲も増し。奥様も関心を持って料理に取り組まれるようになった。


介護・看護は突然やってきます。
そのときに何をすればよいのか?ご本人の意思は?
ご家族でしっかりとお話をしてみてください。

在宅介護看護という選択肢がますます重要になってくる中、
介護保険制度におけるサービスでその方らしい最期を迎えられるために私たちは全力を尽くします。

介護看護でお困りごとやご相談等ございましたら是非お気軽にご相談ください。


訪問看護サービス 笑がおカンパニー
Copyright © 2015 株式会社PlanB All Rights Reserved.

一番上へ戻る